フォト
無料ブログはココログ

« 中小への資金繰り支援ですが… | トップページ | 三菱UFJ「コロナ債」600億円発行という記事です…  »

2020年5月 1日 (金)

金融庁による調査結果の記事ですが…

金融庁の調査による、新型コロナの影響で業績が低迷した中小企業の融資条件変更への対応状況の記事です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58661650Q0A430C2EE9000/

金融庁が公表した結果は「https://www.fsa.go.jp/ordinary/coronavirus202001/kashitsuke/20200430.pdf」になりまます。

調査対象となっている金融機関は、主要行と地方銀行が主で信用金庫や信用組合は対象となっていないことが前提です。
3月10日から同月末までに、返済期限の猶予といった融資条件変更の申し込みは2万6592件。うち3月末までに9996件の審査が終了し、99.7%にあたる9963件で条件変更を行い、同月末時点で審査が終了せず「審査中」とした1万6367件については、4月中旬までに7割で条件変更に応じたとのことです。
個人の住宅ローンについても、1028件の申込があり、152件の審査が終了し、94.7%の144件条件変更を行い、審査中である850件の内6割は条件変更に応じたとのことです。

中小企業の取引を考えると、信用金庫や信用組合の取引先でも同様の扱いは更に多いと思われ、上記以上の申込があるのではないかと推測されますが、対応状況としては同じなのでしょう。
数字の捉え方として、申込件数に対し1カ月かかって6~7割の承認率ということですが、スピード感を考えた場合、金融機関は頑張っている…と評価できるのでしょうか。

3月中に不渡りになった手形の数は1560件と去年の同じ月と比べて2倍になり、4月は更に増え倒産する企業が多くなると思われていましたが、4月17日に全国銀行協会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で資金不足に陥った企業に対して、手形や小切手の不渡り処分を当面猶予する特別措置を始めたためことから、通常であれば資金不足で不渡りとなり、2回繰り返すことで金融機関取引停止=倒産となる可能性が高い企業が相当数あると思われます。
不渡りにはならないが、資金繰りが厳しく手形決済は当然できず、金融機関の借入返済もできない企業が多数存在しているという状況で、条件変更により対応することでリスクを先延ばしするということも想定され、金融機関としては慎重な対応をとらざるを得ないということでしょうか…

ただ、数年前から「事業性評価」による事業実態の把握を進めてきた金融機関であれば、事業活動の内容も把握できており、緊急事態により資金不足に陥ている原因も明確であり、今後、回復の可能性が見込めるのであれば、そんなに時間もかけずに判断、支援できると思うのですが、そうなっていなのでしょうかね…

経済対策で示された、実質無利子・無担保の融資の扱いに関しても然りで、事業性評価による事業の実態把握ができているのでれば審査に1~2週間もかける必要もなく、直ぐに判断、融資実行できると思うのですが、そうならないのは何故なのでしょうか?
金融庁が指導していた「事業性評価運営」について真剣に取組み運用している金融機関であれば、今回のような緊急事態でも迅速に対応できると思うのですが、そういう事例が出てこないのが不思議です。

また、個人の住宅ローンに関しても、緊急事態宣言の期間が延長されることで収入が更に減少する方々、夏のボーナス支給額も減少する方々が相当数増えるのではないかと予想されますが、住宅ローンの返済に窮する方が6月~8月にかけて急増することも予想されます。

低金利政策が更に延長され、中小企業向けの融資債権の不良化に加え、住宅ローン債権も不良化することを想定すると、2020年度上期の金融機関決算は相当厳しいものになることも予想されます。
こういう時こそ、金融機関が独自の目線で融資債権の内容を見極め、適切に対処できる判断基準と取組方針をいち早く打ち出し、内部留保を効果的に活用しながら2~3年後の経営の姿を考え直す必要があるのではないでしょうか。
今回の新型コロナ問題はスペイン風邪から100年目のパンデミックでもあり、その後発生した世界恐慌にも近い世界的な災難になる可能性もありますが、全ての事業体が100年に1度発生するであろうリスクへの対応を視野に入れた対策を考えておく教訓にもなるのではないでしょうか。

« 中小への資金繰り支援ですが… | トップページ | 三菱UFJ「コロナ債」600億円発行という記事です…  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小への資金繰り支援ですが… | トップページ | 三菱UFJ「コロナ債」600億円発行という記事です…  »