フォト
無料ブログはココログ

« 日本銀行の今年度考査の方針についてです | トップページ | KDDI もスマフォ決済を開始するそうです… »

2019年3月29日 (金)

みずほ銀行の「Jコインペイ」に関する記事ですが…

みずほ銀行が提供する、ORコード決済を利用する「Jコインペイ」を地銀21行が利用開始するという記事です。

https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20190325release_jp.pdf

昨年暮れに、電子マネーに関して述べましたがhttp://hfmc-honda.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-8c2c.html 、 電子マネーの利用に今回は「QRコード決済」を適用するということだと思います。

今はやりの「QRコード決済」への対応ということでしょうが、Jコインそのものは、1円=1コインということで仮想通貨のように変動することなく安全に利用できる仕組みとして検討を開始したものだと思います。
機能として、預金口座と連動させることで「入金、出金、送金」を「いつでも、どこでも、無料」で利用可能にするとのことのようですが、同じ金融機関に預金口座を開設している利用者間の場合、敢えて、Jコインに交換することなく、口座間で振替処理すれば済むように思います。
但し、他金融機関の口座間の資金移動については、現在の銀行間為替処理を考えれば難しく、ブロックチェーン等の技術を利用した仮想通貨をベースとした資金移動を利用せざるを得ないとは思いますが…

また、課題となるのは、クレジットカード同様、利用できる場所をどれだけ開拓できるか、利用する際のコスト負担をどのように考えるのかという点でしょう。
従来のように利用できる店舗=加盟店が決済処理手数料として負担するということであれば、低率にする必要もあるでしょう。
あるいは、ORコード決済=スマフォアプリという点を考えれば、当該画面に広告を掲載する、決済情報を第三者が利用できるようにする等、決済当事者間では利用料を発生させず、第三者にコスト負担してもらう等、新たな仕組みを検討する必要もあるかと思います。

また、消費税対策のポイント還元ではありませんが、仮想通貨に変換するレートを適宜変動できる=キャンペーン時は「1円=1.05コイン」にするように柔軟に運用できる仕組みを、この機能サービスを利用する加盟店側に提供する等、運用面での利便性を提供することも考えることが重要と思います。

機能サービスを提供する側が如何にして「マネタイズ」するかを考えなければ、仕組みを運用維持することも難しくなると思いますが、その点はどのように考えているのでしょうかね。

« 日本銀行の今年度考査の方針についてです | トップページ | KDDI もスマフォ決済を開始するそうです… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本銀行の今年度考査の方針についてです | トップページ | KDDI もスマフォ決済を開始するそうです… »