フォト
無料ブログはココログ

« LINEに関する新たな記事ですが・・・ | トップページ | 金融機関の店舗戦略に関する記事ですが… »

2018年12月27日 (木)

電子マネーの取扱いに関する記事ですが・・・

みずほ銀行や地方銀行が、来年から電子マネーの取り扱いを開始するそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000176-kyodonews-bus_all

この記事に関しては、2017年9月のブログで「Jコイン」の発行を検討という内容で記載しましたが、http://hfmc-honda.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/j-cc6d.html ようやく実現するといことでしょうか。
三菱UFJ銀行も同様の仕組みを提供すると公表しており、一時は、メガバンクが共同して利用できるようにすべく検討を開始するという話もあったかた思いますが、その後どうなったのでしょうか。

記事では、オリンピックを控えキャッシュレス化の普及を目指すとのことですが、既に、様々な決済関連の仕組みが提供されている状況下で、普及するのでしょうかね。
1コイン=1円になるようですが、現金通貨をコインンに交換して利用するメリットは、果たしてあるのでしょうか、記事からは読み取れません。
また、来日した外国人の方々に対してはどのように利用を促進させるのか、という点も課題になるかと思います。地方銀行も、地域で利用できる地域通貨と思われる決済機能を提供し始めていますが、地域内でのみの利用に限定されることを考えると、爆発的に普及拡大することは無いようにも思われます。

決済方法としては、広義に「クレジット=後払い」、「プリペイド=前払い」、「デビット=即時払い」に分類することができると思いますが、今回の記事を読む限り、プリペイド型になるのか、又は、指定する預金口座と連携させるのか、指定するクレジットカードと連携させるのか、色々な組み合わせを検討するのか分かりませんが、利用するメリットはどこにあるのでしょうかね。

決済手段として「QRコード」を使用するケース等も出ていますが、支払いに関しては上記3種類の組み合わせになっているはずです。銀行間の預金を経由するのか、個々人間で完結するのかの違いはあるかと思いますが、法定通貨から電子マネーに交換する手間は必ず発生するはずです。
消費税対策によるポイント還元等、政府も色々な事を言っており、その流れとも想像できますが、利用者側のメリット=便益は”何なのか~”を前提に機能を考えサービス化することが重要と思います。

« LINEに関する新たな記事ですが・・・ | トップページ | 金融機関の店舗戦略に関する記事ですが… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1988925/74838195

この記事へのトラックバック一覧です: 電子マネーの取扱いに関する記事ですが・・・:

« LINEに関する新たな記事ですが・・・ | トップページ | 金融機関の店舗戦略に関する記事ですが… »