フォト
無料ブログはココログ

« 地域金融機関の経営、まだまだ厳しいようです… | トップページ | LINEに関する新たな記事ですが・・・ »

2018年11月27日 (火)

LINEが銀行業へ参入するとの記事です~

LINEがみずほFGと共同で2020年開業を目指して銀行を設立するそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000611-san-bus_all

因みに、みずほFGの公表は下記になります~https://www.mizuhobank.co.jp/release/pdf/20181127release_jp.pdf

実店舗を持たないインターネット銀行をベースに、融資・預金・決済の金融業務をスマートフォン上で完結できる「スマホ銀行」サービスを提供するとのことです。
既に、月間で7800万人のユーザーがサービスを利用するLINEの顧客基盤を考えれば、共同出資する「みずほFG」にとっては魅力的と映っているのでしょう。

LINEの出澤社長は、具体的なサービス内容は未定としながらも、「今の金融サービスは、10~20年前に考えられた設計を何とかスマホ対応しているような状況だが、5年後の当たり前が何かを考え、新しい金融サービスを作っていきたい」と言っています。

一方、みずほFGの担当者は「メガバンクとしては、苦手にしている若いデジタルネイティブの世代との接点を持つことが目的」としていますが、表に立つというよりは、「金融ビジネスを展開していく中での決済とセットで付いてくる与信サービス、また、マネロン・テロ対策への支援」等裏方で必要となる要素を提供する~と言っています。

確かに、5年~10年後の世界を考えれば、現在の金融業界の考え方では限界があるようにも思います。技術面も含め「新たな環境」で生き残りをかけるには、新しいノウハウを取り込むことも必要でしょう。監督官庁である金融庁も、今年度の指導方針では、「デジタライゼーションへの対応」を前面に出しています。
LINE側がどのような将来戦略を考え、みずほFG側がどのようにサポートするのか、更には主体的に動くのか、その姿を明確に確立することがポイントと思います。
金融業の新たな将来モデルをどのように描くかがポイントなのでしょうが、根底は「企業経営体としての独自ビジネスモデル」を主体的に確立できるか否か・・・が重要と思います。

« 地域金融機関の経営、まだまだ厳しいようです… | トップページ | LINEに関する新たな記事ですが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1988925/74677668

この記事へのトラックバック一覧です: LINEが銀行業へ参入するとの記事です~:

« 地域金融機関の経営、まだまだ厳しいようです… | トップページ | LINEに関する新たな記事ですが・・・ »