フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の2件の投稿

2018年3月 8日 (木)

複数の仮想通貨取引業者を行政処分するそうですが…

金融庁は、立入検査の結果を踏まえ、行政処分を行うことで調整しているようです。

https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00m/020/113000c

みなし業者に関しては、立入検査の結果、問題があるということで改善命令等の措置を取るのは当然と思いますが、資金決済法の改正により「登録業者」として認めた先に関して、1年も経っていない段階で早々に改善命令を出すということは、登録業者として認める審査の過程はどうなっていたのか。。。気になりますね。

コインチェックから仮想通貨NEM(ネム)が流出した問題を契機に立ち入り検査を実施して、安全対策などが不十分だと判断したようですが、金融機関に対しては、顧客保護も含めたシステム関連に対する指針として、「金融機関等のシステム監査指針」があります。
また、金融情報システムセンターが「金融機関等のセキュリティポリシー策定のための手引書」を公表していますし、経済産業省も「情報セキュリティ監督手続きガイドライン」を公表しています。
当然、これらの内容を総合的に加味した上で、システム面だけではなく内部管理体制も含め審査していたと思うのですが。
また、顧客から預かる資産に関しては分別管理を行うのは当然の行為であり、体制面も含めそうなっているのが前提のはずです。

仮想通貨も含めた電子決済、更にはネット技術を活用したファイナンスサービスはこれからも新たなモノが出てくるはずです。「顧客本位の営業活動」という意味からも、事業として活動する前の事前チェックは慎重にすべきだったのではないかと感じます。
今回は、届け出内容も加味し、実際に立入検査した結果、不備があったからということで、素早く、厳しく対応しているのでしょうが、今後の動向には注視したいですね。

2018年3月 2日 (金)

スマホQRコード決済の検討が進んでいるようですが…

3大メガバンクが決済用のQRコードの統一規格を策定することで連携するとの記事です。
2月28日日経:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27458260X20C18A2EA2000/
スマホ決済に関して、連携して支払時に使う際の規格を統一し、2019年度の実用化を目指すようで、各行がそれぞれ開発するデジタル通貨などを使えるようにすることも考えているとのことです。

一方、ジェーシービー(JCB)もQRコード決済の統一規格を開発すると公表してます。
2月21日日経:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO27147700Q8A220C1EE9000/
クレジットカードで決済する際に用いる支払い処理や不正使用防止のノウハウを活用し、2018年中にもサービスを開始するようです。

大手銀行グループとカード会社は親密な関係にあると思うのですが、何故、協同で検討しないのでしょうかね。
どちらも決済の際に利用することを前提としているはずで、且つ、クレジットカード会社が提供するデビットカードは、銀行の口座と連携しており、システム的な連携はできているはずで、協同で検討した方がコスト面や開発期間、更には利用できる窓口の確保等相当優位になると思います。
三菱UFJはDCカード、SMBCは住友クレジット、みずほはUCカードとの関係が強いので、JCBとは一線を画すということなのでしょうかね。JCBは旧三和銀行系ですから、三菱UFJとも近いとは思うのですが・・・

サービス化の目的としては、サービスを利用する店舗から得られるであろう手数料を期待している点もあると思いますが、クレジットカードの加盟店手数料が低位に収斂してきたことを考えると、サービス提供企業どうしの競争によりあまり期待できないようにも思います。

銀行としては、普及し始めた個人取引における様々な決済機能を自行の口座と連携・集約させることで、中長期的に取引を維持拡大させることが最終目的のような気もします。
単に利便性を提供するだけでは、投資対効果を見極めることが難しいはずですので、自行の円預金口座や独自仮想通貨、ポイント等とのサービス連携、更には、投資やファイナンス商品との連携等、個人のライフサイクルで発生するであろう様々な場面で提供するサービス機能と「決済という行動情報」を関連付けることで、効率的・効果的に取引を持続拡大するための手段として活用することが重要ではないでしょうか。

また、クレジットカードの加盟店取引情報を活用することでファイナンスサービスへの展開も想定できるのですが、これまで、普及してこなかったことを考えると、決済サービスを利用する店舗等への資金ファイナンスの審査に決済情報を活用するという点も、検討要素にはなっていないようにも思いますが、実際はどうなのかな。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »