フォト
無料ブログはココログ

« 地域金融機関の経営は大きく変わるのか・・・ | トップページ | ドコモがQR決済の導入を検討とのことです… »

2017年8月 1日 (火)

MUFGがIoTに関する決済インフラを構築するそうです

三菱東京UFJグループが新会社を設立、家電や自動車メーカーなどと組み、モノやサービスをネットで自動発注して決済まで終えられる仕組みをつくるようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H1D_Q7A730C1MM8000/

IoT=「ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界」といわれますが、モノを介して商品やサービスの注文を受け付け、最終的な資金決済まで実現する基盤を構築することを目指すようで、決済の手法としてはクレジットカードやデビットカード、仮想通貨などを考えているようです。
三菱UFJは独自の仮想通貨「MUFGコイン」の発行準備もしているので、関連性は高そうです。

今は、パソコンやスマートフォンで決済するのが一般的で、自動車や家電と直接つないで決済する仕組みはできていないのですが、決済インフラは情報漏れや不正アクセスを防ぐ高度なセキュリティーが必要であり、外部からの侵入を防ぎ、不審なアクセスを把握する情報管理体制の整備が課題となるでしょう。

IoTによる決済が実現すれば、決済場面が飛躍的に拡大しますが、そこで発生するお金の流れの情報を囲い込むことで、今まで以上に情報の精度が高まり、ビックデ‐タ分析による新たな商品やサービスの開発に役立てることも期待できます。

金融機関としては、仮想通貨も含めた新しい決済手段の提供と新たな情報の収集という観点から、ビジネスに貢献できると考えることはできると思います。
親密関係にある地方銀行から出向による人の受け入れも考えているようで、新たに構築するインフラ基盤を活用して全国規模でサービス展開することも視野に入れているのでしょうか。今後の動向に注目したいですね。

« 地域金融機関の経営は大きく変わるのか・・・ | トップページ | ドコモがQR決済の導入を検討とのことです… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1988925/71299290

この記事へのトラックバック一覧です: MUFGがIoTに関する決済インフラを構築するそうです:

« 地域金融機関の経営は大きく変わるのか・・・ | トップページ | ドコモがQR決済の導入を検討とのことです… »