フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の2件の投稿

2017年8月14日 (月)

ドコモがQR決済の導入を検討とのことです…

キャリア大手の「ドコモ」もようやく動き始めたようですが、中国では当たり前になっている「QR決済」、日本でも普及するでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000003-fsi-bus_all

「QR決済」とは、アプリを入れている利用者どおしの間で、資金決済を完了させるイメージと思っていましたが、既存の決済スキームをベースに、支払場面での利便性を提供する一方法と捉えるべきなのでしょうか。
ドコモの場合も、利用者側の代金はまとめて携帯の利用代金と一緒に請求する=後で払うということですから、店舗側へのお金の支払いは、一旦、ドコモ側または提携するカード会社が立て替え負担するイメージなのでしょうかね・・・?
お金の流れだけを考えるならば、これまでのクレジットカードのビジネススキームと変わりなく、カードを利用するために必要なCAT端末等のインフラが必要なくなるといだけのようです。

最近、ドコモポイントを積極的に推進しているようですし、利用できる店舗網を拡大するという観点から考えれば、店舗側の負担が少なく、直ぐに利用できるという点はメリットが高く、囲い込みのインセンティブになるようには思います。
また、近年は、後払いよりも、前払いやデビット決済の利用、更にはポイントでの決済も多くなっているようにも思いますが、銀行口座から即座に振り替えできるようにドコモと銀行間で「デビット決済のスキーム」を連携すれば、即時決済対応も可能と思います。

Fintechサービスという点から、ブロックチェーンを利用した個人間(CtoC)の資金決済サービスを提供する企業も増えていますが、BtoCやBtoBへの適用も始まるのは時間の問題とも思います。
既に、様々な場面で、銀行の預金口座を介する資金決済スキームが構築されいる日本の金融環境を考えるならば、決済を行う場面でのお金の流れを、誰がどのように行うのか・・・イシュアーとアクワイアラの関係をつきつめれば、時間と場所、手段を自由に設計できるような気もします。

「利用者と利用できる場所、その間のお金の流れを関連付ける仕組み」をコストをかけずにインフラとして構築し提供できることがポイントと思いますが、誰が主導権を握ることになるのか、色々な観点からウォッチしたいものです。

2017年8月 1日 (火)

MUFGがIoTに関する決済インフラを構築するそうです

三菱東京UFJグループが新会社を設立、家電や自動車メーカーなどと組み、モノやサービスをネットで自動発注して決済まで終えられる仕組みをつくるようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H1D_Q7A730C1MM8000/

IoT=「ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界」といわれますが、モノを介して商品やサービスの注文を受け付け、最終的な資金決済まで実現する基盤を構築することを目指すようで、決済の手法としてはクレジットカードやデビットカード、仮想通貨などを考えているようです。
三菱UFJは独自の仮想通貨「MUFGコイン」の発行準備もしているので、関連性は高そうです。

今は、パソコンやスマートフォンで決済するのが一般的で、自動車や家電と直接つないで決済する仕組みはできていないのですが、決済インフラは情報漏れや不正アクセスを防ぐ高度なセキュリティーが必要であり、外部からの侵入を防ぎ、不審なアクセスを把握する情報管理体制の整備が課題となるでしょう。

IoTによる決済が実現すれば、決済場面が飛躍的に拡大しますが、そこで発生するお金の流れの情報を囲い込むことで、今まで以上に情報の精度が高まり、ビックデ‐タ分析による新たな商品やサービスの開発に役立てることも期待できます。

金融機関としては、仮想通貨も含めた新しい決済手段の提供と新たな情報の収集という観点から、ビジネスに貢献できると考えることはできると思います。
親密関係にある地方銀行から出向による人の受け入れも考えているようで、新たに構築するインフラ基盤を活用して全国規模でサービス展開することも視野に入れているのでしょうか。今後の動向に注目したいですね。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »