フォト
無料ブログはココログ

« 新年早々に地銀の経営統合のニュースですが・・・ | トップページ | 預金金利がゼロになった・・・との記事ですが »

2017年1月21日 (土)

岩手銀、「ブロックチェーン」活用したサービスの実証実験・・・

岩手銀行と日本IBMが「ブロックチェーン」技術を利用した実証実験を開始するとの記事です。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB12H6K_S7A110C1L01000/

直観的に、何故、岩手銀行と日本IBMなのか・・・と感じる方もいるのではないでしょうか。
Fintechに関する動きは、基本的に基幹システムを運営するベンダーと金融機関との組み合わせが主流だったと思います。NTTデータ社となら分かるような気もしますが、これからは、今回のように違った動きが多数出てくるのでしょうか。

では、どんな分野で技術を活用するのか・・・
これまで紙や記録媒体で受付していた総合振込の手続きをネット上で完結させるとのことですが、はたして、中小企業にそのようなニーズがあるのでしょうかね。
金融機関側にとっては、事務コスト削減になるメリットが確かにあると思いますが、利用する企業側のメリットはどれだけあるのか。。。考えると、少ないような気もします。

大手企業とは違い、中小企業の資金管理はメインとする銀行の口座を主体に入出金管理を集中しているのが一般的と思いますので、複数の金融機関の取引を一つのID/PWで利用できる、というメリットは少ないような気がしますし、現在の、インターネットバンキングの機能で十分に対応できているようにも思います。
ただ、この機能を活用すれば「振込手数料が軽減、無くなる」というメリットがあるのであれば、積極的に利用するでしょうが、それは、サービスを提供しようとする金融機関にとってはマイナスの要因に働くはずです。

また、ブロックチェーン技術の運用に関しても、大きく分類すると以下の3通りありますが、どういうモデルを考えているのでしょうかね。
①プライベート型・・・単独の機関が参加者を許可することで利用環境を提供する
②コンソーシアム型・・・プライベート型の複数機関が参加して共同の利用環境を提供する
③パブリック型・・・誰もが自由に参加できる利用環境

金融機関は、基本的に①と②のパターンを想定して実証研究を進めているようですが、ある意味、ビットコインなどの仮想通貨で利用されている③のパブリック型の可能性を放棄していますし、②のコンソーシム型の場合は参加機関の合意形成を如何にして実現するかも課題となるはずです。

結局、①のプライベート型とした場合、金融機関経営にとってのメリットは何か・・・
顧客利便性の提供?、事務効率化による生産性向上?、新たなサービス開発にかかる総コスト削減?ということになるのでしょうかね。
あくまでも、実証検証ということのようですので、今後の動向はウォッチしてみたいものです。

« 新年早々に地銀の経営統合のニュースですが・・・ | トップページ | 預金金利がゼロになった・・・との記事ですが »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1988925/69322337

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手銀、「ブロックチェーン」活用したサービスの実証実験・・・:

« 新年早々に地銀の経営統合のニュースですが・・・ | トップページ | 預金金利がゼロになった・・・との記事ですが »